2008年03月30日

コメント力 斉藤孝

12冊目読みましたー




「段取り力」や「声に出して読みたい日本語」などで有名な
斉藤孝さんの本です。


(例)アーノルド・シュワルツネッガーさんが知事選の時に
   遊説先で観客に生卵をぶつけられた。
   しかし彼はテレビカメラに撮られている中で、
   こういって悪意の攻撃をかわした
   「○○○○が足りないじゃないか!」


答えは・・・


「ベーコンが足りないじゃないか!」


毎朝のベーコンエッグを食べるにはベーコンが足りない、
というジョークにしてコメントしたんですね!


すごくユーモアがあって、それでいてカッコよくて
しかも心の広さを感じさせる、グレートなコメントですよね!!


これだけでシュワちゃんに一票入れちゃうな、こりゃ(笑)



==内容==
■いいコメントとは、
タイミングも合っていて、一言で本質をつくような言葉だ。
的をはずさず、「お得感」のあるコメントがいい。

■コメント力の鍛え方
・おいしい、を使わずに味を表現する
・日常的にコメントを文字化する
・その最中からコメントを考えておく
・立ち位置を優先する

■テクニック
・相手の言葉や行為を引用する
・「なまじ〜かえって」を使い、なぐさめる
・ことわざやウンチクを入れる
  (弘法も筆の誤りですかね)(徳川家康もケチでしたからね)
・仮定法でズラす
・自分の立場を活かす
・慣用句や四字熟語を使う
・○○も、○○も。の対句でそろえる
・正反対の言葉を使う。天使のように悪魔のように
・比喩を使う
・具体的な効用を説明。こんな時こうなる。
・これとの出会いのストーリーを語る
・禁止プラス命令。 考えるな!肌で感じろ!
・今日ほど○○だった日はない
・似ているものと比較する
・まるで○○のような。 ○○には大胆な言葉を。
・定番のセリフを作る。 まいうー

=====


僕が気をつけようと思ったのは、「うれしい」「おいしい」「すごい」などの、簡単な幅の広い言葉を使わないで表現すること、だ。


広くてよく使われる言葉は、人には伝わりづらい。


あとコメントする時の基本は
「相手の一番エネルギーを注いだ部分をコメントすること」
だそうです。



この本を読んでほしい人は、ズバリ
「ブログを書いている人」です!


この本はブログを書く人のバイブルとなるだろう。


読んですぐ使える、まさにブログの実用書だと思います。



学びをごちそうさまでしたー♪




応援↑クリック↑よろしくです!!
posted by 読書大学生 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書本◇ここからamazonで買えます◇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91576791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。